文化系

吹奏楽部 ※奨学金指定部

個人練習を主体に活動の場に向けて一生懸命取り組んでいます。運動部の応援を含め、文化祭やコンクール等も視野に入れながら日々練習を重ねています。

吹奏楽部 顧問 吉田 和生

毎日練習することにより、それまでできなかったことができるようになる喜びや達成感が生まれ、それが次なる努力へのエネルギーとなり、その繰り返しが成長につながります。技能の向上はもちろんのこと、努力を続けて目標を達成できる人間になるよう導きます。

軽音楽部

私たち軽音楽同好会では、学年の隔たりなく、みんなで音楽を作り上げようと、毎日練習をしています。
いくつかのバンドに分かれ曲を仕上げていき、文化祭での発表などをめざしています。

コンピュータ部

マルチメディア作品の制作、プログラミングなどパソコンに関することならなんでも挑戦しています。
部員それぞれ、興味を持ったテーマを設定し基礎から応用まで取り組んでいます。

茶華道部

礼儀を重んじる本校に最もふさわしい文化系部活、茶華道。お茶は裏千家、お花は嵯峨御流。週一回のお稽古を通して礼儀と品格を養います。

放送部

日ごろは、「外郎売」をはじめとする、発生・発音の基礎練習をしております。また、定期的に校内放送で番組を作成しており、放送を通して、アナウンスや掛け合いの実力を磨き、放送機器の操作技術も高めております。毎年、NHK杯全国放送コンテストにも出場するなど、校外の活動にも積極的に参加しております。

クッキング部

週2回活動しています。みんなで楽しくお菓子作りやその他いろんなメニューに挑戦しながら、調理や食品に関する興味を広げています。文化祭でのバザー参加は大事な行事のひとつです。

書道部

「書」の楽しみを味わいながら、毎週水曜日に活動しています。

芸術部

関西中央高等学校芸術部は、毎週水曜日に活動しています。時には絵を描き、時には作品を作ったりと、芸術的な創作活動をしています。

関中エイサー同好会

エイサーとは、沖縄のお盆の時期に踊られる伝統芸能で、先祖の霊を送迎するためのものだそうです。
独自の振り付けとダイナミックなバチさばきで演技をする太鼓の踊りに憧れて活動に取り組んでいます。