創設のこころを偲ぶつどい

2018.12.03

12月1日(土)に、冬木正彦理事長出席のもと「創設のこころを偲ぶつどい」を行いました。

 

この集いは、本校の創設にご尽力いただいた故冬木正文理事を初めとする、本校学園にご尽力くだされ故人となられた先生方を偲び、感謝の思いを伝えるため、毎年この時期に実施しています。

 

まず、故冬木正文先生の遺影に学校長と生徒会長から献花があり、全校生徒・全教職員が黙祷をささげました。

 

冬木正彦理事長から、「学園創設から現在までの経緯を振り返り、本校の教育方針である『学ぶ力をのばし、生きる力をみがく』について、いくつかの例え話を加えながら生徒たちにわかりやすく、皆さんが自ら学ぶことが大切である。」と話され、最後に全員で『創設のこころ』を唱和しました。

 

1201_tudoi