震災放送

2021.01.16

阪神淡路大震災から26年目の1月16日(土)[今年度は1月17日が日曜日のため16日に実施]、生徒会長が全校生徒に向けて震災放送を行いました。

 

「26年前の震災で、当時本校1年生であった田中莉沙さんが尊い命を失いました。この先輩の死を無駄にしないためにも、私達は、災害がいつ起こるかわからないという認識を持ち、予期せぬ災害にたいして自分の命を守るすべを身につけ、お互いが協力し、助け合う準備をしておかなければなりません。」と全校生徒に呼びかけた後、全員で黙祷を捧げました。

本校では、毎年1月17日に田中莉沙さんをはじめとする震災によって命を奪われた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、命の大切さと、災害に対する心構えを新たにしています。