「京都造形芸術大学」高大連携プログラムを実施しました。

2011.12.16

 

京都造形芸術大学との高大連携プログラムを12月13日の午後から、芸術学部・舞台芸術学科准教授平井愛子先生に来校していただき、表現・情報コースの2年生を対象にご指導をいただきました。

大きな声を出す発生練習から始まり、続いて与えられたセリフから「自らで考え表現する」授業が展開されました。

初めは恥ずかしそうに取り組んでいた生徒たちでしたが、終わってみれば楽しい授業に満足な表情を浮かべていました。