新入生歓迎会を行いました。

2012.04.13

「迫力」と「思い」の伝わった「新入生歓迎会」

喜びと緊張感が入り混じった、新鮮な雰囲気の漂う「新入生歓迎会」が、生徒会主催で開催されました。松本生徒会長より開会の言葉があり、部活動紹介が行われました。

演奏や演技を披露する部では、最初に『軽音楽部』が迫力のある演奏を行いました。その準備時間を活用して、今年から強化を図る『吹奏楽部』への勧誘も行われました。続く『剣道部』は気合いの入った「かかり稽古」を披露。続いて、『エイサー太鼓同好会』と『ダンス同好会』では、部員による一生懸命な演奏・演技に全生徒がひきつけられました。最後の『バトントワリング部』は部員3名での演技でしたが、見事なバトンさばきを披露し、大きな拍手が送られました。

最後に、新入生を代表して小川はるかさんが、感謝とお礼の言葉を述べました。今年も各部からの「思い」がよく伝わり、和気あいあいの中で「新入生歓迎会」を開催することができました。

生徒の今年の活躍が十分期待できる歓迎会でした。