新体力テストを実施しました。

2012.05.08

奈良県南部に大雨警報が出された5月2日、「生徒の体力把握及び向上を図る」ことを目的に、新体力テストが実施されましたが、あいにくの雨でグランドが使用できず、2種目は後日に変更され、あとの6種目が体育館で行われました。

長座体前屈の検査では「文科省体力科学研究所」が提供している測定器具が使用され、「あー痛たたー」と言いながらも一生懸命に前屈に取り組む生徒たち。また、反復横とびでの検査では、敏捷性を十分に発揮して「さすがアスリート!]と思わせる生徒や、立ち幅跳びの検査では、安全のためのマットに頭がぶつかるほどの跳躍力を披露する生徒等々、自らの体力に挑戦している生徒の姿がみられました。

このような一瞬一瞬にも、関西中央高校の生徒らしさを見ることができました。