好 球 必 打 と 好 継 投 で 勝 利 !

2012.07.23

 3塁側に陣取る本校の応援団席には、ひときわ華やかな本校のチアガールが、新調したユニフォーム姿で熱のこもった応援を展開しました。
 初戦の相手は、大和広陵高校。3回表、先頭打者の幸田君が四球を選び、杉浦君が送り、3番中川君・4番三輪君の連続タイムリーヒットで2点を先取。7回表にも、2アウトからキャプテン幸田君が、三塁手右を抜く見事な二塁打を放ち、杉浦君のライト前ヒットで1点を追加。しかし、大和広陵高校の打線も意地を見せ、7回裏に1アウト一塁・三塁、続く8回裏にもノーアウト一塁・二塁と攻められましたが、ピッチャーの好継投で無得点に抑えました。
  ピンチの後にチャンス。9回表の2アウトから、幸田君が、この日2本目のレフト線への二塁打を放つと、続く杉浦君が、レフトスタンドに見事なダメ押しの2点本塁打を放ち、初戦を飾りました。
 試合後に、姫嶋監督は「全体的に、もう少し楽な試合をさせてやりたかった。次の試合も、子どもたちの力を信じて臨みたい。」と語りました。キャプテンの幸田君は、「気合を入れて試合に臨んだ。ピンチもあったが集中してやれた。つぎからも、一戦一戦大事に戦っていきたい。」と意気込みを話しました。
 中軸打線の「好球必打」の活躍と豊富なピッチャー陣の好投は、夢の扉を開いてくれることでしょう。