関西中央高等学校 iPad活用で授業公開!

2012.11.07

奈良県教育委員会及び奈良県高等学校情報部会主催の公開授業で「タブレットPC(iPad)」を使用

 11月6日(火)、高等学校の情報科学習指導研究会が行われ、公開授業や研究協議等に約40名の関係者が参加されました。
 本校の表現・情報コース担当の村上教諭が、5時限目に1年生を対象にタブレットPC(iPad)を用いた授業を公開しました。情報発信のための教材「タブレットPC記者になろう」という授業です。
  授業の流れは、まず、ゲストスピーカーの10分程度の講演を聴きつつメモをとり、タブレットPCのカメラ機能を利用し撮影もします。短時間でそれらを整理し、見出し等を考え、写真を1枚選び原稿に添付し記事となるようにまとめます。そして、出来上がった原稿をもとに相互発表し、内容の違い等を「振り返りシート」に記入していきます。
 ほとんどの生徒が慣れた様子でタブレットPCを楽しそうに操作していました。参加された先生方も、用意されたタブレットPCを操作しながら、生徒たちのPCの扱いや記事の作成状況に関心を持たれ、興味津々といった様子でした。