「すてきな恋をするために」~デートDVってなに?~

2013.02.21

            2013年度 人権教育講演会

「すてきな恋をするために」~デートDVってなに?~

 青垣の山野に淡い雪化粧の残る2月20日、今年の「人権学習講演会」がメモリアルホールで行われ、卒業式を9日後に控え、久し振りに登校した3年生も参加しました。
 今年の「人権教育講演会」は、「男女共同参画社会」の実現をめざした内容での講演会が企画され、講師紹介を兼ねた学校長の挨拶では、「今日の講演内容は、一生における生き方の指針として自分のものとし、将来に生かしてほしい。」と述べられました。
 「恋人って、どんなイメージ?」との質問から、「交際相手からの暴力」や「夫婦間のDV実態」等の調査結果を紹介。DVDを通した「性的暴力・身体暴力」は、親にも相談することが大切さであることを学び、また、ケータイメールによる男女のやり取りを、ロールプレイによって、「言葉によって互いの人権を尊重する」ことの大切さも学ぶことが出来たようでした。
 早稲田大学で作成されたDVDで、「あなたの大切な人は、笑顔ですか?」「キズつける前に、キヅいてほしい。」と紹介。まとめでは、「男女平等の理念」の整理と「自分の意思を言葉で伝える」ことが重要であると結ばれました。
 真剣に聞き入っていた生徒たちには、「すてきな恋をするため」にも、また、自らの生き方にも繋げていくことが大切だと思います。

 

人権教育講演会01 人権教育講演会03
人権教育講演会02
人権教育講演会04 人権教育講演会05
人権教育講演会06