終業式

2013.07.23

終業式が厳粛な雰囲気と夏の大会に向けた熱気の中で粛々と行われました

 7月19日、1学期終業式を実施しました。

 西川校長先生のパワーポイントを活用しての式辞を紹介します。

  「歳月人を待たず」という諺があるが、月日の経つのは本当に速いもので、時間を大切にしてほしい。

 剣道部は、先日の近畿大会では大接戦のすばらしい戦いができ、インターハイに期待している。ソフトテニス部はこれからの近畿大会、インターハイに向け、練習の成果を発揮し頑張って欲しい。野球部は1回戦で勝利をおさめ2回戦に進出。

 約2000年前、野見宿禰と当麻蹴速が戦い、野見宿禰が勝ったという日本書紀の話にちなんで、7月7日に桜井の相撲神社で、レプリカ「勝利の聖」が設置された。運動部の勝利を願っている。学習面では、夏期講習等があったり、表現情報コース生の2回の公演が行われたりと。各自の目標をたてそれに向かって頑張って欲しい。

 「自己実現」という言葉がありる。自己を実現することで、自分の中に眠っていることに気づき、人生設計をたて、実現していくことが大切。等々、激励の言葉がありました。

暑さに負けず頑張りましょう。

DSCF5258 DSCF5263