小・中学校の先生方が関西中央高校で「iPadの有効な活用方法」について研修会を開催

2013.08.28

 8月26日(月)、香芝市内の小・中学校のパソコン教育研究会と統計情報教育研究会の先生方が関西中央高校を訪問し、iPadを活用した授業を参観し、研修会を実施しました。
 関西中央高校では、今年度から、表現・情報コース1年生の生徒全員に、iPadを活用した授業を行っています。今回は、夏休みの課題である写真日記をiPadで作成し発表しました。互いに意見をたたかわせ、すばらしい作品や表現法にうなずき、いろいろな表現方法を学びました。
 この授業の見学のあとの研修会では、関西中央高校での実践事例を聴き、iPadの先進的状況や、情報機器のより効果的な活用方法や問題点をグループで討議して研修を深め、次代の授業のありかたや問題点について意見交換をされていました。

IMG_3420 IMG_3422