関西中央高等学校と筑波大学と共同開発

2013.10.30

教材で情報モラルの授業実践を展開!

 関西にある高等学校4校(関西中央高等学校、羽衣学園中学校・高等学校、大阪学院大学高等学校、聖母被昇天学院中学校・高等学校)と筑波大学による情報モラル教育に関する教材の共同研究が行われています。

 10月25日(金)関西中央高等学校において、その教材を使った授業実践が行われました。授業テーマは、「SNSへの友達の写真の公開について」でした。携帯電話やスマートフォンが普及したことで、いつでもどこでも写真を取ることができることと、その写真をインターネットに掲載することが簡単に行えるようになりました。授業は、その時の留意する点についてディスカッションを中心とした授業展開で、生徒たちの自発的な意見交換を行いました。

 筑波大学からは3名の研究者が来校し授業を観察され、その後本校教員と今後の取り組みなどの協議を行いました。

 

DSCF6763 DSCF6765
DSCF6770 DSCF6768