人権教育職員研修

2013.12.10

 12月5日(木)畿央大学 健康科学部 理学療法学科 東山明子教授をお招きし、人権教育職員研修を行いました。高大連携の一つとして内田クレペリン検査によるひとりひとりの生徒の人柄を理解するための講演に教職員は熱心に聞き入っていました。

 内田クレペリン法の基本的な考え方として「みんな違ってみんないい」、「性格に良い悪いはない」、精神健康度を高めることが大切だということがよくわかった研修会でした。

 

DSC01388