フレッシュマン トレーニング キャンプ(FTC) 「自立」・「連帯」・「責任」をテーマに

2014.04.24

 今年も1年生を対象に、4月18日(金)から1泊2日で国立曽爾青少年自然の家において「フレッシュマン トレーニング キャンプ」が開催されました。

 時折、小雨の降る曽爾高原でしたが、オリエンテーションでの「創設のこころ」を暗唱し、全員が先生のリードで立派に練習の成果を披露していました。その後、計画されていたウォークラリーも一部コースを変更して行われ、学級集団での記念写真も撮りながら「おかめ池」を一周。「-イオン吸収中!」と言いながら、楽しそうに集団で歩く1年生の姿がありました。

 続く「野外炊飯」では、まず炊飯材料や薪の準備が行われ、調理手順が伝えられました。そして、開始。それぞれがそれぞれに、分担された役割を果たしていました。先生方も協力・指導しながらの楽しい炊飯作業でした。みんなで協力してできたカレーは、素晴らしい出来の班が多くありましたが、中には「しゃぶしゃぶカレー」もあって「大丈夫かな?」と心配。しかし、各班ともに全員が、「めちゃ、おいしい」、「家のよりもおいしい」、「ご飯も、ちょうど良かった」とそれぞれに感想を語ってくれました。先生方の感想も、「ウー、おいしい」、「グーグー」との評価を得ていました。

 和気あいあいの中で行われた「野外炊飯」。自立心・連帯意識・責任感をそれぞれが再認識し、関西中央高校の生徒であるという自覚をもってくれた「FTC」の一日目でした。

 

FTC