桜井市本町通り商店街との協働授業 ~is-簿記 1年~

2015.08.21

 夏休みも終わりに差し掛かった8月20日(木)にis-簿記1年生は桜井市本町通り商店街にフィールドワークに行きました。

 これは、2学期から授業で取り組む商店街を中心としたまちづくりの問題解決学習に向けた取り組みとして実施しました。

生徒は午前9時に学校に集合し、授業担当の村上先生より本日の予定と目的を、桜井市本町通り周辺まちづくり協議会の会長小西さんより桜井本街通り商店街の歴史と現状を、大阪工業大学の林田先生よりフィールドワークの方法と留意事項を説明していただきました。

その後、現地に出向き、4つのグループに別れて商店街を歩きました。それぞれのグループにはサマー・スクールとして桜井に調査に来ている大阪工業大学の学生さんも加わってくださいました。雨の中、傘をさしながらのフィールドワークでしたが、それぞれのお店の方々に貴重なお話を聴くことが出来ました。

最後に商店街の中にある桜井本町「たまり場」(まちづくり協議会の本部)に集まり、本日のフィールドワークでわかったことや気づいたことを一人ひとり発表し、理解したことや感じたことを共有しました。

 2学期からは、各商店からの要望に答えるための調査をしたり、アイデアを出し合ったりして提案をまとめていきます。そして12月に中間報告、2月に最終報告としてプレゼンテーションを行う予定です。

フィールドワーク